群発頭痛を治療する【ヘルス救急ガイダンス】

女性

自殺頭痛とも呼ばれる頭痛

アルコールに注意

女性

頭痛というと多くの人は風邪をひいた時の頭痛や偏頭痛を思い浮かべますが、世の中には自殺したくなるような痛みに襲われる群発頭痛と呼ばれるものがあります。群発頭痛は数ある頭痛の中でも特に痛みが酷い頭痛として知られており、1000人に1人の割合で発症するとされています。この頭痛は痛みが酷いだけではなく、その症状が長期間続くために自殺する方がマシだと思う人がいるぐらいの頭痛となっています。発症してしまう原因は現在研究されてはいますが、まだ不明なことが多く特定はされていません。しかし、発症してしまう原因はわかっていませんがアルコールが群発頭痛を誘発するというのはすでに研究で判明されていることでもあります。群発頭痛だと診断された方が群発期にアルコールを摂取すると非常に高い確率で頭痛を発症することがわかっているのです。アルコールを摂取すると、およそ1時間後に頭痛を誘発することになります。それ以外にもタバコも群発頭痛を誘発すると要因の一つとして考えられています。

薬物療法以外の方法も

発症すると自殺したくなるような酷い痛みに襲われる群発頭痛ですが、その治療には薬物療法が行われています。発作が起きた場合にはペン型注射器で皮下注射を行なうのが効果的だとされています。これは内服薬では発作時の痛みを抑えるまでには時間がかかりすぎるのが原因です。内服薬は発作時の治療には向いていませんが、予防薬としてはある程度の効果があるとされています。また、それでも痛みを抑えることが出来ないという場合には医療用の酸素を吸入するという、純酸素吸入法という治療法も存在しています。この方法は高い即効性が人気となっており、一時的な痛みを和らげたい場合には最適といえるでしょう。医療機関でしか利用できない治療法でもあるので、治療を受ける際には指定の医療機関を利用する必要があります。最寄りの病院が純酸素呼吸法を取り扱っているかどうか、事前に確認をとっておくといいでしょう。またコチラは症状が悪化した際の治療法となっていますが、勿論発症前の予防も重要となります。前述したアルコール類などはなるべく控えるようにする、など日頃の気遣いがそのまま予防につながるため、お酒などの摂取量が多い方で群発頭痛に悩まされる方は生活習慣を見なおしてみましょう。