群発頭痛を治療する【ヘルス救急ガイダンス】

女性

発生頻度は少ない

強い痛みが特徴

女性

比較的発症する確率が少ないとされている慢性頭痛が群発頭痛です。特徴としては、一定期間、毎日のように痛みを感じ、その後再び同じような頭痛に見舞われることがあります。群発頭痛の痛みが起こっている期間のことを群発期と言いますが、この期間以外は痛みを生じることはありません。群発頭痛の痛みは、耐えることが出来ないような強く、鋭い痛みであると言われており、痛みを紛らわせるために頭を壁に打ち付けるという人もいるほどです。最近は、頭痛外来が各地に出来ており、一人ひとりの頭痛のタイプに合わせて治療を受けることが出来ます。頭痛のタイプにより、適している治療方法は異なりますので、適切な治療を受けることにより、生活の質を向上させることが出来ます。たかが頭痛と痛みを軽視したり、我慢する、市販されている鎮痛剤を使用するのではなく、適切な治療を受けることが重要になります。なお、群発頭痛の治療は、薬物療法や酸素吸引法などが中心となります。酸素を吸入することで痛みを軽減させることが出来ます。

予防法

群発頭痛を予防する方法としては、頭痛を誘発する原因を取り除くということが大切になります。誘発する要因としては、飲酒や喫煙があると言われています。痛みを感じる群発期間は飲酒や喫煙を避けるようにすることが大切です。さらに、気圧の急激な変化がある登山や飛行機に乗る必要のある旅行などでは血管を拡張させたり神経を刺激し、痛みが生じる可能性がありますので、注意が必要です。群発頭痛の場合は、痛みが生じる時刻が一定であるという特徴が多く、特に明け方に見られることが多いと言われています。明け方に痛みを生じることが多いという場合には、群発期間中の就寝前に医薬品を服用することにより、頭痛を予防することが出来ることがあります。医薬品を過剰に摂取することにより、頭痛が誘引されることもありますので、痛みが強いからと言って必要以上に内服薬を使用することは避けるように心掛けることが重要になります。医薬品の効果は処方される薬によって、強かったり、弱かったりします。医薬品の効果があまりないと感じた時には、処方しても貰った薬より効果の強い薬にしてもらえるように相談をしてみましょう。