群発頭痛を治療する【ヘルス救急ガイダンス】

女性

発生頻度は少ない

女性

我慢することが出来ないほどの痛みのある頭痛が「群発頭痛」です。痛みを感じた場合には、早めに適切な治療を受けることが大切になります。医薬品を使用する場合には、必ず医師の指示に従い服用することが重要です。

自殺頭痛とも呼ばれる頭痛

女性

自殺頭痛とも呼ばれる酷い痛みに襲われる群発頭痛ですが、まだ発症する原因はわかっていません。しかし、アルコールの摂取やタバコが頭痛を誘発することは判明しています。群発頭痛の治療には薬物療法や純酸素吸入法がありますが、生活習慣を改めて予防することも大切だと考えられています。

目の奥が非常に痛む頭痛

医者と看護師

群発頭痛は目の奥に激しい痛みの現れる頭痛であり、どちらかといえば男性により多くみられます。気圧の変化による血管の拡張が原因ではないかといわれており、飲酒や喫煙がそのきっかけとなることがあります。群発頭痛の治療法には酸素吸入法や薬物による治療法があります。

いつもの偏頭痛とは違う

医者と看護師

目の奥が痛みませんか

こめかみが脈を打つごとにズキンズキン痛み、目の奥の方をえぐられる様に痛むなど偏頭痛とは少し違うと感じたら群発頭痛の可能性があります。さらに、毎日激しい痛みが長期にわたり続くなどしたら可能性は高いです。群発頭痛の痛みの特徴と症状としては、頭部片側のこめかみ、目の奥に強い痛みを生じます。痛みは間隔を開けることなく続き、壁に頭を打ち付けたり頭をかきむしりやくなる様な激しい痛みを伴います。酷い痛みの場合には、吐き気や嘔吐することもあります。また群発頭痛は頭痛とは関係なさそうな鼻詰まりや鼻水・涙が出る症状があるのが特徴です。痛みが生じる頻度は、毎日数十分〜2時間の痛みが数月間伴います。症状が発生するタイミングとしては、入浴後や睡眠中、運動の後や読書やパソコンなどで目を酷使した後などに症状が出るのが良くあるパターンで、比較的リラックス時に発症しやすい傾向にあります。群発頭痛に悩みながらその病気の存在を知らずにいる方も多くいる事と思われます。当然、治療を受ける事もなく単なる偏頭痛と考えてしまっているかもしれません。現在では頭痛専門の病院もあり有効な治療も増えてきたようです。最近では整体による群発頭痛の治療もあり色々な角度からの治療が可能となっています。

一度頭痛外来で診察を

群発頭痛は一度ピークを過ぎるとまるで嘘であったかのように症状が無くなってしまいます。そして長い時には何年も発症せずに過ごせる事もあり、そのためか痛みに耐えながらも治療を受けない人が多いようです。今では群発頭痛が医学的に認知されての事かと思いますが、頭痛外来やペインクリニックまたは脳外科の専門病院において群発頭痛との診断が下されるようになりました。数年前では症状を医師に伝えても理解してもらえず、偏頭痛が長引いているだけと診断を下されてしまう事もあり、群発頭痛と診断されるまで数年を要したケースもあると言います。では専門病院ではどのような治療を受けられるようになったのでしょうか。主な治療法は、酸素吸入や皮下注射、薬物によるものとされています。また生活習慣から改善する方法もあるので、医師と相談しながら原因に適した方法を選びましょう。

対処方法と予防方法

女性

群発頭痛は発作が起きた時に治療することは可能ですが、耐え難い痛みに襲われないよう予防にも力を入れましょう。飲酒や喫煙を控えて、規則正しい生活で体内時計・自律神経を常に正常な状態にしておきましょう。予防に勝る治療はありません。

激しい痛みへの対処

男性

群発頭痛は患者数が少なく、正しく診断されない場合があります。一定期間に激しい痛みが起こるなどの特徴が見られたら、頭痛外来などを受診し、適切な治療を受けましょう。また、群発頭痛の原因は分かっていませんが、飲酒などが関係していることが分かっています。薬だけでなく、生活習慣からも改善していきましょう。